芝生の管理 病気と害虫 殺菌剤、殺虫剤

日本芝に多いのはサビ病、場合によっては殺菌剤を使います。害虫はあまりつかない。コガネムシ、ツトガに注意。

すでに芝生の手入れのうち、芝刈り、水やり、施肥、除草についてはマスターできたと思います。どれもこれも元気な芝ガーデニングには欠かせない管理でした。

あと残っているのは、病気と害虫、目土入れ、補植、穴あけです。「その3」では残ったもののうち、病気と害虫について見ていきたいと思います。

それでは早速順番に説明していきます。



病気

病気

病気はいろいろありますが、日本芝に多いのはサビ病です。葉っぱに鉄サビのようなものが斑点状につきます。これは特に何もしないでも自然に消えていくことが多いですが、もちろん防除もできます。

それから、春先に多いのが春はげ病で、この病気にかかると部分的に芝が生育しません。

殺菌剤

病害には殺菌剤を使って対応します。病気に対応した殺菌剤でなければ効かないので、やみくもに殺菌剤をまいても仕方ありません。病気にあった殺菌剤を手に入れ、使用説明書をよく読んで散布します。施肥の場合と同じで、使うときは必ずラベルに書かれている通りに使ってください。そうしないと芝が枯れることもあります。

おすすめの殺菌剤

どちらもポピュラーな殺菌剤です。

害虫

害虫はあまりつかない

一般的に、芝生にはそれほど害虫がつきません。それに、日本芝は害虫に比較的強く、害虫がついたからといって枯れてしまったりすることは多くはありません。とはいうものの、害虫は芝を弱めますし、気持ち悪いものなので、必要に応じて予防と駆除を行いましょう。

害虫

葉や茎を食べて被害が大きいのは、ヨトウムシ、ツトガの幼虫、コガネムシ類の幼虫です。ヨトウムシは夏、コガネムシ類は秋、ツトガの幼虫も秋に発生します。

殺虫剤

それぞれの虫にあった物を使います。繰り返しになりますが、よく説明書を読みましょう。



全国の市民農園検索