カトレア(カトレヤ)の育て方

カトレアのガーデニング 育て方、栽培方法、手入れ、管理

このサイトでは、カトレアのガーデニング(手入れ・植え方・育て方などなど)についてに必要な情報を一通り揃えました。

カトレアはカトレヤとも表記されます。綺麗に咲き誇った花は本当に嬉しいものですよね。綺麗に咲かせるためには育て方のポイントをしっかりおさえて、きちっと管理をすればいいんです。このサイトではそれらのコツを分かりやすく説明します。

それから、このサイトの情報は個人でカトレアを楽しんでいる私の勉強と経験によって成り立っています。ガーデニングを職業とするプロでも何でもありません。ですから、このサイトの情報は家庭でカトレアを楽しもうとするどなたにでも実際に役立つものだと思います。

それでは早速、ポイントを説明していきましょう。



カトレアを置く場所

日光好き

カトレアは日光が好きです。ですので、基本的には常に日当たりの良い場所に置くことが大切ですね。日当たりが悪いと株が痩せ、花が咲きません。

季節ごとの置き場

秋から冬にかけての寒い季節、それから春の間は窓辺の日の良く当たるところに置いてください。梅雨が明けてから9月末ぐらいまでの暑い季節には、できれば戸外へ置くのがベターです。戸外と言っても直射日光が一日中当たるような場所は避けてくださいね。

日中の一番強い日差しを多少避ける感じにしてください。日光が強すぎると日焼けを起こしてしまします。春から夏にかけて、徐々に日光に当てて慣らしていくと、強い直射日光でも葉焼けしなくなります。人間の日焼けと同じですね。

風通しに気を配る

風通しの良い場所に置いてあげてください。風通しは何かと軽視されがちなような気がしますが、実は意外と重要なのです。風通しが悪いと害虫がついたり病気になったりする可能性も高まります。

温度

冬は最低10度を保つ

品種改良されたカトレアの種類によっては寒さに強いものも結構ありますが、基本的にはそれほどは寒さに強くはありません。冬の最低温度が10度を下回らないのを目安に温度調整をしてください。

とは言うものの、冬に10度以下になることは全然珍しくないですよね。特に冬の朝晩は気温が下がると思います。できれば朝晩の気温が下がる時間帯は家の中でも真ん中あたりの一番冷えない場所に移動したりするなどの対策をしてください。そして日が出れば窓辺に移動して日光に当ててあげます。

暑さに強い

夏の日差しに当てても大丈夫なことからも分かるように、カトレアは夏の暑さには強い洋ランです。そうは言っても、30度を越えるような夏の暑い日には、いつも以上に風通しに気を配ってください。戸外に出すことができず、室内で栽培しながら締め切った室内に置く場合、風通しには特に注意してください。風通しが悪く高温多湿なると株を痛めることがあります。

水やり

乾いたら水やり

カトレアは常に湿っているのは嫌いです。どちらかと言えば乾き気味を好みます。水やりのタイミングは、植え込み材料の表面が白く乾いたら時です。

乾いたらあげるわけですので、一日おきとか毎晩とか、定期的に水やりをすると言うことはないはずです。日によって乾き具合が違いますし、季節によっても乾き方は全然違いますよね。植え込み材料の様子をよく見ながら、あくまで乾いたら水やりという基本を守ってくださいね。水が多すぎると根が腐り、株が死んでしまいます。

季節ごと

季節別では、春から夏の終わりまでは乾いたら鉢のそこから流れ出てくるぐらいたっぷりの水をあげます。秋になって涼しくなってきたら水を控え目にし、寒い冬の間はもっともっと乾燥気味に保ちます。温度が低ければ低いほど水は少なくしてください。生育期ではないので水はあまり必要ないのです。それに、冬に乾燥気味に育てると、株が寒さに強くなるんですね。

肥料

少な目に

肥料は少な目が基本です。濃い肥料は根腐れのもとになります。ホームセンターで売っている園芸用の化学肥料・液体肥料ならどんなものでもだいたいOKですが、洋ランに使えると書いてあるものを選べば間違いありませんよね。

どんなものを使うにせよ、一番大事なことはその製品のラベルをよく読んで、そのラベル通りに使うことです。意外と自分の感覚で施肥する人がいるようですけれど、肥料は多くても少なくてもダメなので、使用方法に従うことが大切です。特に、肥料の濃さや量に注意が必要です。頻度はラベルを目安にし、生育具合を見ながら調整してください。

洋ラン用の肥料をいくつか紹介しておきます。

ハイポネックス ハイグレード 洋ラン
ハイポネックス 洋ラン

洋ランに必要な15種類の栄養素をバランス良く配合。美しく大きな花を咲かせます。

洋蘭の肥料
洋らんの肥料

りん酸成分が多く、効き目がおだやかなので、生育がゆっくりとした洋ランに適しています。

季節ごと

カトレアの生育に合わせ、季節ごとに肥料をあげる頻度を調整します。頻度は調整しますが、肥料の濃さや量は製品ラベルをよく読んでくださいね。まず、4月に入り暖かくなりだした頃に置肥を与え始め、7月に入る頃まで毎月1個を施肥し続けます。8月の夏本番、一番暑い時期は肥料を控えて、9月に入って暑さも和らぎ始めたら今度は液体肥料を月2回程度あげてくださ。10月以降、4月までの秋から冬の間は肥料は必要ありません。

注意

気を付けなければいけないのは、使う肥料によって使う量はいろいろという事です。ポイントは、使っている肥料の説明書をよく読んで、それに従って使う事です。


border