胡蝶蘭(コチョウラン)の花言葉と栽培方法

胡蝶蘭のガーデニング 育て方、栽培方法、手入れ、管理、花言葉

※※※※※※
胡蝶蘭の花言葉 : 幸福が飛んでくる、変わらぬ愛、「清純」、「あなたを愛します」
※※※※※※

その1では主に置き場所、日光、風通し、温度、水やり、肥料について説明しました。その2ではこれら意外のポイントとして、植え替え、病気、害虫について見ていきたいと思います。ポイントをきっちりおさえて、綺麗なコチョウランを咲かせましょう。



植え替え・植え方

植え替えの頻度

コチョウランの植え替えは2年に1回のぐらいの頻度になります。それほどぐんぐん大きくはならないのでこれぐらいの頻度で十分のはずです。具体的な目安としては、植え込み材料が古くなって腐り始めると、根も同時に腐り始めるので、こうなるとさすがに植え替えが必要になりますね。それから、根が張って鉢からはみ出してきたときも植え替え適期です。

植え替えをする時期

基本としては植え替えの時期は春から夏の終わり頃までです。ですけれど、植え替えの時期を気にするよりも、植え替えが必要であれば時期に関係なく植え替えるというポリシーの方が良いです。つまり、株の調子が良くて植え替えるのであれば春から夏の終わり頃、株の調子が悪くて植え替えるのであれば季節を問わず植え替えをします。

必要なもの

植え込み材料には水苔やバークを使います。鉢は一回り大きな素焼の鉢に植え替えるのがベストです。素焼の鉢は水の管理がしやすいのがその理由です。まあ、素焼の鉢は機能的ではあるけれど、あまり見た目が素敵ではないという意見もあるかと思います。絶対に水苔と素焼の鉢でなければダメと言うことはないので、好みでお洒落な鉢を使ってください。

植え替え方法

植え替え方としては、鉢から抜いた後、まず最初に古い植え込み材料を取り除きます。なるべく丁寧に取り除きます。それから、カサカサになった根や腐った根を消毒したハサミで切り取ります。健康な根は緑がかって水気があるので、ダメな根は見ればすぐに分かるはずです。最後に、新しい水苔で根全体をくるむようにして巻き新しい鉢へ植えます。

消毒したハサミを使う理由

汚れたハサミを使うと病気になることがあります。きれいに洗って乾かしたハサミや、少し火で刃をあぶったりしたハサミの方が安全です。こういうちょっとした作業は面倒ではあるけれど、さぼったがためにコチョウランが死んでしまったらどうしようもないのでしっかりやりましょう。

おすすめの植え込み材料

どんなものでも特に問題ありません。例えばこういったもので十分です。

洋らんバーク12L
洋らんバーク12L

用土を軽くして通気性を長く保ち、水はけの良さで根腐れを防止します。

最高級水苔 500g
最高級水苔

保水性・排水性に優れた水苔です。品質グレード(ニュージーランド)はAA+です。


テラコッタ【h24×Φ30×ID26】

ベーシックなサイズとデザインではありながら使う人のセンスが光るテラコッタ鉢。

病気と害虫

軟腐病

あまり病気や害虫の心配はないのですけれど、時々あるのは軟腐病です。水をあげるときに、葉の中心に水がたまるとこの軟腐病が起こるので、水やりの仕方に注意してください。水は植え込み材料にあげるのであって、コチョウランに直接かけないってことですね。

症状としては、真ん中から出てくる新しい目が溶けて腐り、生育が止まってしまいます。この病気になった時は、腐った部分を取り除き、マイシン剤を散布してください。ただし、芯がだめになると、株は生きていてもなかなか新しい葉が出てきません。気長に待つしかありませんね。

カイガラ虫

害虫はカイガラ虫がつくことがあります。葉の周囲が黄ばんでいるときは、葉の裏にカイガラ虫がついていることがあるので、ひっくり返して確認してみてください。柔らかな布で拭き取り、アクテリック剤を散布すればOKです。

炭疽病

葉の真ん中あたりに灰色の斑点が現れ、周りが黒くなっていれば炭疽病です。見た目が悪くなりますけれど、黒くなった部分だけをカッターなどで切り取ります。葉の真ん中に炭疽病があれば、葉の真ん中に穴があく感じになりますね。葉全部を切り捨ててしまう必要はないんです。ダイセンやベントーレを使うと進行を抑えることができます。

殺虫剤・殺菌剤

いくつか紹介しておきます。

ベンレート水和剤 0.5gx10袋
ベンレート水和剤

成分が浸透し、病原菌が植物体に入るのを防ぎ、すでに侵入した病原菌も退治します。

ダコニール1000 30ml
ダコニール1000

広範囲の病気に防除効果をあらわす総合殺菌剤です。薬害もほとんどありません。

カイガラムシやケムシ、アブラムシに効果抜群 ベニカDスプレー420ml
ベニカDスプレー

カイガラ虫や、コナジラミ類、多くのケムシに効きます。すばやく効果が出ます。

注意

元気さ

コチョウランの場合、根腐れはすぐ葉に現れます。葉につやがなくなったり、しわが出たりします。こうなった場合はすぐに植え替えをしてください。

湿度を保つ

開花するときに湿度が低いと完全に開かないことがあります。冬などの乾燥する時期には、霧吹きなどで水分を保つようにします。


border